動画(youtube)再生について 

撮影現場で知り合いのカメラマン達に言われてたのですが、「4K動画が再生できない」(youtube上で)って声を聞きます。
確かに4K動画を4K対応ディスプレイで見た場合、FHD(フルハイビジョン)とは比較にならないほど綺麗です。
しかし、現実に解像度3,840p×2,160p(4K)以上の設定できるPCディスプレイをご使用の方はそれほど多くないと思います。
そこで、上記画像youtubeでの画質設定を1,440pに落として見ることをお勧めします。ただ、それでも待機マークが続き動画が再生されない場合…
明らかにネット通信回線の速度不足なので、ネットに入り込む人の少ないであろう時間帯を変えて見てみるとかして下さい。
それでも待機マークが続き見られない場合、画質設定を1,080Pまで落としてみて下さい(画質は相当悪くなりますが)
参考までに、私の経験上ネット回線が「光回線」であれば、Buffer Health5.0秒以上でストレスなく1,440p視聴が出来るみたいです。
要は、youtube4K動画を再生だけするのであれば、PC性能の問題より、ネット回線通信速度の問題の方が重要です。
因みに、驚くほどの重量を持つ4K動画のデータ編集をしたいと思う方は、ディスプレイそのものは26インチ程度の非4Kディスプレイでも
全然OK(フルハイビジョン動画よりもかなり綺麗に見えますので)ですが、ストレスなく作業を行うためにはそれ相応の設備投資が必要です。
参考までに私の場合、それまで使用してたPCに引退してもらい(撮影してきた4K動画が見られませんでした)、新しいPCに乗り換えました。
ショップの方に相談し、CPUが第6世代のCore i7とかグラボがどうとかの説明を受け、ほぼ理解できないまま(笑)PC心臓部を作っていただきました。

その昔、フィルム時代の撮影スタイルからデジタル化にシフトした当初のうちは、フィルムカメラと違いデジタルカメラは初期投資だけで
後々のコストは掛からないと勘違いしてた私。むしろデジタル化の進化に伴う追加的設備投資を含めると、フィルム時代を超えてる感がする。
と、同時にその写真撮影に対する構図・露出等の緊張感?は薄れていく一方です(笑)何処まで進歩するのか?デジタル化…


・切出し画像 2016.06.19 枝折峠にて
   *

Archive